よくあるご質問

ご質問の多い内容を以下にまとました。
その他のご質問につきましてはお問い合わせ窓口からお気軽にご相談ください。

加盟について

Q:申込みから加盟までの流れを教えてください。

ペット事業者支援協会

お申込み後すぐに加盟確定・加盟料金が発生する訳ではございません。

まずはメールフォームよりお気軽にお申込みください。

協会より後日ご連絡させていただきます。

Q:協会加盟はどこの都道府県でも入れますか?

はい。日本全国どこの事業者様でも加盟が可能です。

ペット事業者支援協会

Q:入会費用はかかりますか?

いいえ。必要ございません。

ペット事業者支援協会

Q:誰でも入れますか?

申し訳ございませんご入会申し込みをいただいた後一定の内部審査がございます。
合わせて以下の条件を満たしていることが必要となります。
・動物取扱業の保管業の登録がなされていること
・協会の定款、規約を遵守していること
・ペット事業に関わる関連法規を遵守し、納税義務を果たしていること
・反社会的勢力でないこと 

※上記条件以外においても内部審査において入会ができない場合がございます

※内部審査基準につきましては公開しておりません。何卒ご了承くださいませ

Q:一度加盟すると退会を希望しない限り自動的に年間継続されますか?

申し訳ございません、基本的には自動更新となっておりますが、協会側にて店舗の運営状況を毎年判断させていただき場合によっては退会処置をとらせていただく場合がございます。予めご了承くださいませ。

Q:複数店舗、またそれに伴う従業員を複数抱えての経営をしています。その場合はどうなりますか?

企業社、従業員単位ではなく1店舗1加盟契約となります。

Q:店舗を持たず、出張で躾教室、預かり、トリミングを行っています。このような場合形態でも加盟は可能ですか?

はい。動物取扱保管業の届け出をされていれば加盟可能です。

※ペットプロテクト(保険)サービスは加盟店舗(管理者)の管轄下においてのみ適用となります

Q:年会費の支払いはクレジットカード決済が可能ですか?

はい。クレジットカード分割払いも可能です。銀口座振替もございます。

お支払い方法に関する詳細はご契約時に担当者とご相談ください。

カード、分割払いの場合におきましても中途解約による年会費の払い戻しはございません

カード、分割払いご指定時の中途解約は年会費残金を一括にてお支払いいただきます

Q:退会の際に年会費は払い戻しされますか?

大変申し訳ございません。加盟は1年契約となり年会費は理由のいかんを問わず返金ができません。御了承下さいませ。

保険について

Q:保険契約は協会加入とは別に個別に契約をする必要がありますか?

いいえ。保険の個別契約はございません。

Q:協会の年会費とは別に保険料の支払が必要になりますか?

いいえ。年会費のみとなります。別途保険料などは必要ございません。

Q:補償の範囲を教えて下さい。

詳しい補償内容については、こちらをご覧下さい。

Q:保険金の請求をするにはどうすればよいのでしょうか?

直接保険会社に請求手続きをして頂きます。詳しくは本協会ご契約担当者に連絡ください。

【Q&A】どんな時に保険は適用になるの?

事例別 保険適用可否

【Q1】「お預かりの犬をスタッフが散歩中、公園にいた子供に犬が飛びかかり怪我をさせました。」
「◎」ペット事業者側の管理中の事故であり[施設者賠償]にてお支払い対象となります(第三者への身体障害として対象)。

【Q2】「お店の看板犬が来店中のお客様の犬に噛みついてしまった。」
「◎」ペット事業者所有に起因する事故であり[施設者賠償]にてお支払いの対象となります(第三者への財物損壊として対象)。

【Q3】「お預かりの犬が店内にいる他のお客様の犬に噛みつき怪我(死亡)させてしまった。」
「◎」ペット事業者側の管理中お支払いの対象の事故であり[施設者賠償]にてお支払いの対象となります(第三者への財物損壊として対象)。

【Q4】「トリミング中お客様の犬の耳(足指)をハサミで切ってしまった。」
「◎」ペット事業者側の管理中の事故であり[受託者賠償]にてお支払いの対象となります。

【Q5】「犬がトリミング中に台から落ちて死亡してしまった。」
「◎」ペット事業者側の管理中の事故であり[受託者賠償]にてお支払いの対象となります。

【Q6】「犬(猫)がホテルでお預かり中に死亡してしまいました。」
「△」死亡した原因によります。死亡の原因がペット事業者側にある場合は[受託者賠償]にてお支払いの対象となりますが、持病など死亡の原因がペット事業者側にない場合は法律上の賠償責任は発生しないため賠償責任保険では対象外となります(但し場合により見舞金として支払い対象となる可能性がございます)。

【Q7】「お預かりの犬の様態が急変。具合が悪くなり病院へ行った。」
「◎」ペット事業者側の責任ではない、持病等、疾病に関する損害は対象外となります。

【Q8】「送迎中にお客様の犬が逃げて見つからない。」
「◎」捜索費用として10万円を上限にお支払い対象となります(脱走に起因する「損害は対象外」となります)。

【Q9】「トリミング後、お客様が帰宅されて容体が急変したと連絡がきた。」
×受託中(管理下)での事故ではなく、かつ犬の急変との因果関係が不明のため対象外

【Q10】「店舗の棚が倒れてお客様が怪我をしてしまった。」
「◎」ペット事業者側の施設管理上の瑕疵(かし)による事故であり[施設者賠償]にてお支払い対象となります(第三者への身体障害として対象)。

【Q11】「犬が暴れトリミング機材が倒れお客様の犬が死亡してしまった。」
「◎」ペット事業者側の受託中の事故であり[受託者賠償]にてお支払い対象となります。

【Q12】「スタッフがトリミング中にお客様の犬に噛まれて怪我をした。」
×ペット事業者側の怪我は賠償責任保険では対象外となります。

ペットプロテクト日本ペット事業者支援協会に関するお問い合わせ
サポート