加盟メリット

国内最大手の保険会社である理由

日本のペット文化は独特の進化を遂げています。

日本以外では理解のし難い問題や考え方があり、海外では事例のない事故やトラブルもおこりうるからこそ柔軟性と理解力が求められます。だからこそ「国内の保険会社」であることが重要です。

生命保険と損害保険の総合乗合代理店であるアークライフ、そして三井住友海上火災保険のサポートはお客様とお店に最良の安心なります

三井住友海上火災保険株式会社 株式会社アークライフ

お客様も安心の知名度

《国内最大手である保険会社の安心感》

引受保険会社は信頼と実績の高い国内屈指の三井住友海上火災保険ですのでお客様も安心

店舗の信頼度が高まる要素にもなっております。

《P&Lジャパンのサポート体制》

昭和53年より続く、ペット用品卸業老舗P&Lジャパンペット専門店、ペット美容室、ブリーダーの方々と共に日本のペット業界を牽引してきた、知識と実績に裏打ちされたサポートは信頼の証。

《メディアからの評価と期待》

「ペットプロテクト」は愛犬家向けの全国紙Cuun(クーン)などにも取り上げられており一般の愛犬家への認知も高まる人気サービスです。


万が一の保険サービスはだれのもの?

※不回避的=十分配慮していたにも関わらず、突然犬が暴れた等で起きた予期せぬ(不注意ではない)事故

ペットプロテクト商標登録済

店舗に負担のない「商品」サービス

ショップ、サロン、ドッグラン、しつけ教室など多くの犬が集まる場所において、運営側がどんなにしっかりと管理をしている場所でも、犬の性格、犬種の特性であったり、育った家庭環境、マナーやしつけのレベルにより、残念ながら管理者側の努力だけでは回避できない「不回避的」な事故が起きてしまいます。

 

本来、不回避的な事故やトラブルは運営管理者に責任はありません。しかしながら事故やトラブルが起きた際の責任を全てお店側(ショップ、サロン等)が追うケースが大半であるというデータがあります。それは大切なお客様と愛犬を思えば・・・という強い気持ちからなるものです。

 

一方で、犬を預けるお客様(愛犬家)側からしてみば、お店側の問題ではなく、自身の愛犬が迷惑をかけるのではないか?躾や性格に問題はないか?という不安を抱えているのも事実です。

 

保険サービスを全てお店側(ショップ、サロン等)が責任を負うのではなく、御利用のお客様から100円を都度いただくことで、協会加盟料(保険サービス)に充当

 

お店側が『負担』するのではなく、お客様から「ペットプロテクト」サービス料をいただく事で、お客様も安心して預ける事ができ、またお店側も大きな負担なく、より安心した環境をお客様にご提案が可能となります。

 ペットプロテク商標登録済

店舗御利用者様(お客様)への御説明例

※店舗でお預かりしている時間内に限る/先天性による事故は対象外となります。

御利用者様向け「ペットプロテク」チラシ、ポスター、販促物もご用意しております。

日常の店舗運営を万全サポート。

お客様へ「ペットプロテクト」の御案内をしやすい販促物も各種取り揃えておりますのでお気軽にお申し付けください。

 

一般社団法人 日本ペット事業者支援協会加盟店の証は入会時にお届けとなります。

ペットプロテクト日本ペット事業者支援協会に関するお問い合わせ
サポート